社員インタビュー

入社してから現在まで、どのような仕事を経験しましたか?
最初、シフォンへは新卒の時にプログラマーとして入社し、入社後は開発中のパズルゲームアプリのチームに参加し開発に携わりました。

ちょうど入社した時にリリース直前を迎えていたこともあり、プログラムも佳境ではあったのですが、それ以上にパズル・イベント・キャラクターデータなどの部分もかなりのボリュームがありました。
プログラム側の仕様を熟知している人間がパズルデータを作っていく必要があり、自然とプログラム側からプランナー側の業務を担当することになりました。

その後、アプリのリリースを迎えた後のタイミングで当時のディレクターとプログラマーに戻るかどうか話をして、企画や運営の仕事にも興味があった為、そのまま先輩に教わりながら運営の仕事に挑戦しました。
運営での最初の仕事はステージの作成や新規アイテムの案出しと企画書作成などを行い、現在はそれらに加えて不具合調査や、チームメンバーの進捗状況の確認、ユーザーデータの収集などを行っています。
他にも、新しいゲームの企画立案や、外部のイラストレーターの方への指示書作成など新しいことに挑戦中です。

今の仕事のやりがいを教えてください。
運営中のタイトルでは、SNSなどでユーザーさんから感想や感謝の言葉を頂いた時にとてもやりがいを感じます。
できるだけ多くの人に喜んでもらいたいので、頂いた要望にもお応えできるよう全力で取り組んでいます!
また、新規開発では自分の企画した作品がリリースされ、たくさんの人に遊んでもらえるかもしれない、という期待がモチベーションになりますし、受託開発では有名な作品が様々な制作工程を経て世の中に出ていくところのお手伝いができるので、とても貴重な経験になります。
シフォンで働く魅力といえば、どこだと思いますか?
自由さです。
例えば、新しいゲームの企画や社内制度、社内イベントを提案する際、それをやることによって会社にとってどんなメリットがあるか、何がどのぐらい必要か、などがしっかりまとまっていれば、職種や役職関係なく社員全員が提案をすることが可能です。もう1つの魅力は、オフィス周辺の飲食店の多さです!
オフィスのすぐそばに商店街があるので毎日おいしいお昼ご飯が食べられます!