• Culture

隣の人はこんな人 プランナー熊谷 寅之介 編

隣の人はこんな人 プランナー熊谷 寅之介 編

こんにちは、シフォンで総務人事と広報を担当している、ちょっと「おっちょこちょい」なところのある温井 瑞季(ぬくい みずき)です。

隣の人はこんな人 総務人事 温井 瑞季 編はこちら

そして今日、私が紹介するのがこの方。

私と同期でプランナーをしている熊谷 寅之介くんです。
同期と言っても、私は9月入社だったので、4月入社の熊谷くんがちょっとだけ先輩なんです。私にとっては頼りになる仲間であり、好きな漫画やアニメについて一緒に語れる同僚です。

◆熊谷のプロフィール

大学を卒業後、2020年4月に入社。社内での新規プロジェクトにおいて、他社サービスの調査や比較、新しい機能の考案、仕様書の作成などをしています。また、それ以外にも副社長のアシスタントなど幅広い業務を担当。

・・・どうですか?どんな人だかイメージできますかね?
では、順番にご紹介していきますね。

すごいルートを通って入社してきたらしい

熊谷くんは大阪が地元で、大学も大阪だったらしいんですけど、採用面接も大阪で受けたって聞いた時はちょっとびっくりしました。だって、シフォンって東京の会社だよね?って(笑)。
で、その経緯を聞いてみたんです。

温井:そもそも、なんでシフォンに入社したの?
熊谷:元々ゲーム業界は目指してたんだけど、いつだかTwitterでシフォンからフォローされて、面白そうな会社だったからフォロー返したの。で、ちょうど2020年卒で人材募集してて。
温井:それで書類送ったんだ?
熊谷:そう、それで書類選考通った後に、末広さん(副社長)が大阪出張でそっちに行くから、カフェで面接しましょうってなって。で、受かった(笑)。
温井:えー!?それ、不安にならんかった?トントン拍子すぎるって・・・。
熊谷:んー、なかったかな。この会社、相性良さそうだなーって、直感で決めた。

私は前職で企業の人事を担当していたんですが、こんな話は聞いたことがなくてびっくりしました。採用のスピード感もそうですが、何よりも熊谷くんの行動力がすごいなって思いました。

業務は違うものの、今は副社長 末広のもとで同じチームとして働いています

漫画やアニメの話題が尽きない人

熊谷くんは色々な情報を知っていて、気になった話題をポンポン投げてくれるタイプ。社内のグループチャットにも気になった情報を上げてくれるんです。入社した当初からそんな感じでフランクに話しかけてくれて。面白い漫画やアニメを色々教えてくれるんです。

それも、私の趣味を把握しきっているのか、私が「面白い!」という漫画やアニメを的確にお勧めしてくれます。 周りが見えているコミュニケーションが本当に上手なタイプですね。

食事や飲み物の偏りが激しい

シフォンの福利厚生の中に「フリードリンク」といって、冷蔵庫に入っている色々な飲み物やコーヒーを無料で飲めるんです。
で、コーヒーとかお茶を、1日に何杯も飲む人って結構いるし理解できるんですけど、熊谷くんってアップルジュースとか、甘〜いジュースをずっと飲み続けているんです。

デスクの上に同じアップルジュースの空き缶が3〜4本並んでて。で、翌週はずーっとオレンジジュースを飲み続けて、その翌週はずーっとフルーツジュースになってたり。でも全然太らないので、大丈夫かな?ってちょっと心配してます。
仕事の上ではしっかりしてるのに、食生活はちょっと子どもみたいな感じですね。

と思ってたら、撮影日はジュースだけじゃなくて除菌シート×2、目薬×3がデスク上に置いてありました。
ただストックし過ぎなだけなの?

足が長くて迷惑をかけてくる

めっちゃ背が高くて、だいたい180センチぐらいあるんです。それで足も長いので、私の向かいのデスクにいる時は、熊谷くんの足が私のデスクのエリアまで侵入してくるんです!
本人は無意識なんですけど、もうこれが邪魔で!!入ってきたら、プチ喧嘩が始まります。「出てけ!出てけ!」って(笑)。

あまりにエリアを侵すので、熊谷対策としてガードを設置

パソコンの前でいつも頭を抱えている

私はゲームと関係のない業界出身なので、シフォンに入社するまではゲームがどう作られているか、あまり知らなくて。熊谷くんが担当している「プランナー」のイメージって、なんだか楽しそうな設定をホワワ〜ンって考えたりしているのかなって思ったら、いつも頭を抱えて悩んでいるんです。
キャラクターが何を食べているのかや、どういう動きをするのかっていうのを自分で考えて、そうする根拠もすごく細かく調べて作ってて。漫画やアニメの話をしている時と全然違う雰囲気で、「いやあ〜、これは・・・」とか「はあぁ〜、どうしよう・・・」って言いながらパソコンとにらめっこをしています。


と、こんな感じで、私の知っている熊谷くんは、可愛げのあるムードメーカーでありながら、仕事面ではみんなから期待されている頑張り屋さんです。

どんな人でも入社してすぐって不安になることもたくさんあって、うまく周りと距離感を詰められなかったりしますよね?
けど熊谷くんは、ながーい足で人のエリアに踏み込めちゃうように、いわゆる“同僚”という枠をさらっと越えて、周りのみんなと上手くコミュニケーションを取ることが出来るんです。

誰とでもすぐに仲良くなっちゃう子って小さい時にたくさんいましたが、それを大人になっても続けるのってきっと簡単なことじゃないですよね。もしかしたら熊谷くんの子どもっぽさがいいように働いているのかな?と思います。
そんな熊谷くんの魅力はこれからどんどん発揮されて、仕事の面でもさらに活躍してくれることと思っています。私を含めてみんなが応援しています!がんばれ熊谷くん!

次回はそんな熊谷くんが他の社員を紹介する予定です。
シフォンにはまだまだ魅力的な社員がたくさんいますので、今後もどうぞお楽しみに!

All Categoriesカテゴリ一覧